キレイな景色の場所
駐車場に止まっている

傾向について

利用料金は低価格化と細分化傾向。

レンタカーにも色んな運営方法があり、特にガソリンスタンドなどが運営するレンタカーは格安です。例えば4人から5人乗りの小型車を6時間利用した場合、利用料金は3000円前後です。これに対抗するため、従来のレンタカー会社も利用料金を下げ始めています。 また利用時間の細分化に伴う、利用料金の細分化も活発です。特にカーシェアリングと呼ばれる会員制のレンタカーは、5人乗りのの小型車を利用する場合、15分で200円程度と、とても細かい利用時間と料金の設定です。

1970年頃から価格競争が激しくなった。

現在はとても一般的になったレンタカーですが、日本においてレンタカー業が始まったのは1950年頃とされています。そして1965年頃には、大手自動車メーカーが経営母体となったレンタカー会社が登場し、現在のレンタカー業に繋がるスタイルが確立されたと言われています。この頃から業界が拡大するとともに、ユーザーへの認知度が高まりました。 さらに1970年頃からは、自動車メーカーを母体としない会社が増えて、価格競争が激しくなりました。低価格化とサービスの向上が図られ、ユーザーにとっては利用しやすい環境が整ってきたと言えます。2000年を過ぎると、価格競争はさらに激化しました。格安店やカーシェアリングと呼ばれる次世代のレンタカースタイルが登場し、現在に至っています。